富士山の特徴とは何か? | 人気の観光地、山梨で自然の食材をたくさん堪能しましょう。
menu

富士山の特徴とは何か?

甲府の観光地

山梨に行ったからには、どの観光客も富士山の観光を考えるのではないでしょうか。富士山は日本が世界に誇る山になっており、その美しさから世界遺産にも登録された日本一の山になっています。富士山は多くのかたが、雪の積もった白い姿をすぐに想像するかもしれませんが、他にも富士山は真夏の季節にしか見せない姿があります。その姿は白い「白富士」に対して、「赤富士」といわれる姿になっています。赤富士がなぜ赤いのか説明しましょう。富士山は真夏になると、雪がほとんど溶けてしまい、土の色一色になります。この状態では赤ではなく、茶色に近いような感じです。
しかし、日の出とともに太陽に照らされると、光の具合で土の色が赤く染まっているように見えるのです。この赤富士は夏にしか見れないレアな富士山といえます。
富士山が世界に認められた理由も説明しましょう。本来、山というのはいろんな山が連なった山脈になっており、縦よりも横に巨大にみえます。
しかし、富士山の場合は他の山と連なってはおりません。単独でニョキと生えているように見えるのです。
富士山の高さは世界の山々に比べると、かなり低いのですが、それでも大きくみえるのはこの独立した状態が大きく関係しています。
日本人なら、この富士山には一度はいきたいものといえます。